奈良市の観光/奈良市の旅館「奈良旅館南都」宿泊予約

奈良旅館南都へのアクセス
奈良旅館南都のお部屋
奈良旅館南都の館内施設
奈良大和のお料理
奈良市の観光
奈良市の体育施設
プライバシーポリシー
奈良市 旅館 宿泊予約01   奈良市 旅館 宿泊予約02
奈良市の和風旅館「奈良旅館南都」宿泊予約

奈良大和路の観光

奈良の観光

歴史と文化に華開いたかつての都…奈良。
東大寺大仏殿、興福寺五重塔、春日大社、若草山、山焼き、お水取り、万葉集にも詠まれた飛鳥、花の名所吉野…
長い歴史を経てきたこの地には、今日でも数多くの寺社があり、優れた文化財が伝わっています。
古都奈良を歩けば、雅やかな歴史の栄華を偲ばせるいにしえのロマンへと誘われることでしょう。
また、ユネスコ世界遺産条約により、人類共有のかけがえのない財産として保全、保護が義務付けられた「紀伊山地の霊場と参詣道」「法隆寺地域の仏教建造物」「古都奈良の文化財」(東大寺・興福寺・春日大社・元興寺・薬師寺・唐招提寺・平城宮跡・春日山原始林)の3つの世界遺産を有する日本で唯一の県でもあります。
日本人の心のふるさと奈良をご紹介いたします。
(※時間や料金などは変動する場合がございますので、必ず確認をとっておでかけ下さい。)

奈良市街の観光

奈良公園
(ならこうえん)

正式名称:奈良県立都市公園奈良公園
奈良公園といえば、のどかな鹿の姿が思い浮かびますね。このシンボルの鹿は古くから春日大社の神鹿として保護され、国の天然記念物に指定されています。その数は1200頭近くといわれ、毎年10月の日・祝日に鹿苑で「角伐り」や餌の少ない冬場の「餌寄せ」などの行事が行われています。
また、奈良公園は、660ヘクタールの広大な地域にまたがり、東大寺、興福寺、春日大社等の社寺境内から、保存のための文化施設である奈良国立博物館、正倉院等々と、これらをとりまく猿沢池、春日山、若草山などの雄大で豊かな緑の自然美が調和して、他に類例のない歴史公園とも言われています。

奈良国立博物館
(ならこくりつはくぶつかん)

古都奈良の地を中心として、全国の古社寺の協力を得て、仏教と関わりの深い古美術品や考古遺品などの文化財を収集・保管するとともに、調査・研究した成果をもとに常時展示や、特別展、特別陳列を企画公開しています。国宝・重要文化財をはじめとする多数の絵画・彫刻・書跡・工芸品・考古遺品なども所蔵されています。毎年、秋に開催される「正倉院展」は、全国各地から多くの美術品ファンが訪れます。

若草山
(わかくさやま)

若草山は3つの山が重なっていることから、三笠山とも言われています。毎年、成人の日の前日に若草山焼があります。夜空をこがす壮観さは、古都奈良の新年を飾る炎の祭典です。毎年多くの観光客が訪れます。

東大寺
(とうだいじ)

世界遺産
並外れたスケールの大寺院、東大寺は、8世紀中頃、聖武天皇が皇太子供養のため建立された、華厳宗大本山です。 さらに聖武天皇は、政変や反乱などが相次ぐ当時の社会不安を、 仏法の力によって解消しようと 全国に国分寺の創建を推進する一方、大仏造立を発願。 東大寺の本尊として世界最大の金銅仏、 毘盧遮那(ビルシャナ)大仏の造営が始まり、 天平勝宝4年(752年)に開眼法会が盛大に行われました。毘盧遮那(ビルシャナ)大仏これが、皆に親しまれつづけている「大仏さん」です。
また、 東大寺には、国宝や重要文化財に指定された建物24棟が点在しています。巨大な仁王像が左右に立つ南大門をくぐると、石畳の正面に世界最大の木造建築金堂大仏殿、鐘楼を経て、毎年3月1日から14日にかけてお水取り正しくは修二会(しゅにえ)が行われる二月堂に上がると、今も昔も変わらない奈良市街地を眺めが堪能出来ます。そして、二月堂隣には東大寺最古の建物。三月堂(法華堂)があります。堂内には、本尊の不空羂索(ふくうけんじゃく) 観音像をはじめ、日光・月光菩薩像、梵天、帝釈天、金剛力士像など、12体の国宝を含む16体の仏像が安置されています。 いずれの天平彫刻は郡を抜いてすばらしいものがあります。また、鑑真が設けた戒壇に由来される戒壇院では、天平時代の四天王像を安置しています。

興福寺
(こうふくじ)

世界遺産
山背国山階に建てられた山階寺が飛鳥を経て、和銅3(710)年に現在地に移転され、以降藤原氏や聖武天皇の力で順当に発展。しかし、平家の南都焼討ち以降は、隆盛と衰退を繰り返しました。享保2年の大火災後衰退。さらに明治時代の廃仏毀釈では廃寺寸前となりました。それでもなお、興福寺は、国宝、重要文化財の宝庫であり、仏教彫刻類は天平時代や鎌倉時代の名品を数多く保存しています。 現在の堂塔は、鎌倉以降の建物を一部残し、広い境内に中金堂・東金堂・北円堂・南円堂・五重塔・三重塔・大湯屋・大御堂・国宝館などが建並んでいます。また、現在、興福寺中金堂の復元作業が行われております。(平成22年完成予定)

春日大社
(かすがたいしゃ)

世界遺産
深い木立に囲まれた境内には、朱塗りのあでやかな本殿の他、61もの摂社や末社が祀られ、その多数は国宝や重要文化財に指定されています。藤原氏が奉納した調度品や武具などを中心に膨大な神宝類は宝物殿で見ることが出来ます。
和銅3年(710年)藤原氏が氏神として勧請したのが始まりとされ、時の権力者は、もちろんのこと、庶民に至るまで厚い信仰を集めてきました。約3000基あるとも言われる灯籠は古くから身分を問わず奉納されてきたもので、得に直会殿や回廊の釣灯籠は壮観です。
また、初夏の藤の名所としても有名であり、5月頃には藤の花が社殿を彩ります。

猿沢池
(さるさわいけ)

興福寺五重塔が水面に影を落とし、池の周囲には柳が植えられ、四季ごとに変わる風情が、古都を訪れる人々の心を和ましてくれます。池畔には帝の寵愛を失い、猿沢池に身を投げた采女を祀る采女神社があります。

奈良町
(ならまち)

近鉄奈良駅から東向商店街を抜けた辺り。風景が一転し格子造りの町屋が並び、江戸時代のにぎわいを感じさせてくれます。奈良町と言う名称は正式なものではありませんが、元興寺の旧境内一帯を親しみをこめて、そう呼んでいるのです。伝統工芸の店や工房のほか今では女性に人気の和雑貨などが軒を連ね、袋小路のような細い道を歩けば、当時の生活道具を展示した奈良町資料館や伝統工芸品を展示・紹介しているなら工藝館など昔ながらの町人の暮らしを楽しめるでしょう。

元興寺
(げんこうじ)

世界遺産
猿沢池の南方、古い昔の町並が続く「奈良町」の一角に、元興寺の極楽坊があります。元興寺は、もとは法興寺(飛鳥寺)を平城京の造営に伴い、今の地に移転されたのがはじまりといわれています。かつては南都七大寺の一つとして威勢を振い、東大寺に次ぐ勢力と繁栄を誇っていましたが、平安時代半ば、その勢威も衰えてしまいました。それに対し、極楽坊本堂は鎌倉時代に極楽堂〔国宝〕と禅室〔国宝〕に改築され、以来、中世以来庶民の信仰を集め、町民に親しまれる存在となりました。収蔵庫には奈良時代の木造五重小塔〔国宝〕木造阿弥陀如来坐像・智光曼荼羅図・庶民信仰資料〔各重要文化財〕などが多数保存されています。

奈良旅館南都奈良大和路の観光

奈良市の中心街三条通り 民芸風和風旅館 奈良市旅館南都

日本観光旅館連盟会員 JapaneseTouristHotel
奈良市 旅館南都  Nara Ryokan NANTO
〒630-8228 奈良市上三条町29 電話(0742)22-3497 ファクス(0742)23-0882
奈良市旅館南都へのアクセス お部屋 館内施設 お料理 奈良市の観光 奈良市の社会体育施設 プライバシーポリシー
奈良市の旅館南都 リンク集  サイトマップ キャンセル料 宿泊予約の変更取消ご案内 宿泊の予約ご案内 スタッフブログ

奈良市の旅館宿泊予約は旅館南都へご用命くださいませ。

「天平時代からのメインストリート奈良市三条通り」の三角屋根の民芸風の旅館「奈良旅館南都」 奈良市の観光
奈良市 旅館南都HOMEアクセスお部屋館内施設お料理奈良市の観光奈良市体育施設プライバシーポリシーサイトマップ宿泊予約案内
宿泊予約の変更取消案内取消料・ご利用規則のご案内 リンク集
奈良市の旅館南都やすらぎの宿奈良市のご宿泊予約承ります。世界遺産奈良市の観光やビジネスのご宿泊に旅館南都をご利用ください。
Copyright 2005 Ryokan NANTO All Rights Reserved.