包茎手術でサイズと早漏の悩みをまとめて解決

包茎手術を受けることで、下半身の悩みがまとめて解消したという人は少なくありません。重度ではない仮性包茎であれば自分で剥けるので大きな悩みにはなりにくいですが、真性包茎またはそれに近い仮性包茎だとやっかいです。性行為のときに自分で剥けないと、包茎の状態のまま行うことになるでしょう。あるとき急に包茎が治るという状況にはなりにくいため、コンプレックスを解消するためには包茎手術を受けるしかありません。

実際に包茎手術を受けた人の体験では、自分に自信を持てるようになったという意見が多いです。亀頭が露出するようになると、自然と亀頭サイズが大きくなります。今まで包皮に圧迫されていた状態が解消するわけですから、大きくなるのは当然のことです。サイズに自信を持てるようになったという体験が多いですが、ほかにも早漏が解消したという話も少なくありません。包茎は包皮がずっと被っているため、亀頭粘膜が皮膚化せずに敏感な状態から脱却できないのです。

包茎最大の悩みであるニオイが気にならなくなった

包茎で一番困るのはニオイという人は少なくありません。包皮を剥いて洗浄できないので、雑菌が溜まってしまうのです。恥垢のニオイは想像以上に強く、パートナーがいる男性は注意してください。女性が男性の包茎で最も抵抗があるポイントは、悪臭と答えていることが多いです。包茎由来の短小や見た目には、それほど抵抗がないと言います。男性からすればサイズが一番重要だと思うかもしれませんが、女性は清潔感を何より大切にしています。

包茎手術を受けてからパートナーとの性行為の頻度が増えたという男性は少なくありません。この理由として考えられるのは、パートナーが性行為に積極的になったからです。包茎が解消して恥垢が溜まりにくくなり、嫌なニオイが解消されたのでしょう。ニオイというのは自分が想像している以上に、他人に不快感を与えていることが多いです。自分のニオイは自分で気づきにくいからこそ、意識的に対策する必要があるのです。

まとめ

下半身のコンプレックスの代表格と言えば包茎でしょう。包茎手術を受けることで、複数のコンプレックスが解消したという体験談は多いです。亀頭が露出すれば亀頭が今までより大きくなるので、男性にとって大きな自信になるでしょう。さらに亀頭が露出することで強化され、早漏が解消したという体験も多いです。そして包茎の一番の欠点と言われる恥垢のニオイが解消し、パートナーとの性生活が健全になったという声もあります。包茎は放置して治る症状ではないので、コンプレックスを感じている人は包茎手術を受けるしかありません。